Tutorials:Using ALPS in your projects/ja

From ALPS
Jump to: navigation, search

CMakeの利用

ALPSライブラリはCMake用の環境設定ファイル/opt/alps/share/alps/ALPSConfig.cmakeを用意しています。このファイルを読み込むことによりALPSビルドに必要な様々な変数を設定することができます。また、/opt/alps/share/alps/UseALPS.cmakeを読み込むことで、コンパイラの指定やリンカーのオプションなどの設定を行うことができます。以下にCMakeLists.txtの例を示します。

 cmake_minimum_required(VERSION 2.8 FATAL_ERROR)
 project(alpsize NONE)
 
 # find ALPS Library
 find_package(ALPS REQUIRED PATHS ${ALPS_ROOT_DIR} $ENV{ALPS_HOME} NO_SYSTEM_ENVIRONMENT_PATH)
 message(STATUS "Found ALPS: ${ALPS_ROOT_DIR} (revision: ${ALPS_VERSION})")
 include(${ALPS_USE_FILE})
 
 # enable C and C++ compilers
 enable_language(C CXX)
 
 # rule for generating 'hello world' program
 add_executable(hello hello.C)
 target_link_libraries(hello ${ALPS_LIBRARIES})
 add_alps_test(hello)

find_packageのNO_SYSTEM_ENVIRONMENT_PATHオプションに注意してください。コンパイラ等の環境変数はデフォルトの設定に上書きされます。

cmakeを実行に際して、ALPSへのパスを指定してください。

 cmake -DALPS_ROOT_DIR=/opt/alps /somewhere/to/your/source/code

あるいは、環境変数$ALPS_HOMEでALPSへのパスを指定することも可能です。

 export ALPS_HOME=/opt/alps
 cmake /somewhere/to/your/source/code

makeの利用

できる限り、makeの代わりにcmakeを利用してください。ALPSライブラリはすべての必要なパス、リンクの設定情報を含んだMakefileを同封しています。