Difference between revisions of "ALPS 2 Examples:Paramagnetic Metal/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
m (Text replace - "/tutorials2.0.0/" to "/tutorials2.1.0/")
m (Text replace - "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0" to "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0")
 
Line 11: Line 11:
 
  dmft parm_int
 
  dmft parm_int
  
コマンドラインでの実行、Pythonスクリプトでの実行は[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0/dmft-06-paramagnet/tutorial6a.py tutorial6a.py]、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0/dmft-06-paramagnet/tutorial6b.py tutorial6b.py]を参照してください。各DMFT反復<math>i</math>での自己エネルギーは<tt>selfenergy_i</tt>で表されます。計算結果を[http://dx.doi.org/10.1103/RevModPhys.68.13 Georges ''it et al.'']と比較してみてください。
+
コマンドラインでの実行、Pythonスクリプトでの実行は[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0/dmft-06-paramagnet/tutorial6a.py tutorial6a.py]、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0/dmft-06-paramagnet/tutorial6b.py tutorial6b.py]を参照してください。各DMFT反復<math>i</math>での自己エネルギーは<tt>selfenergy_i</tt>で表されます。計算結果を[http://dx.doi.org/10.1103/RevModPhys.68.13 Georges ''it et al.'']と比較してみてください。

Latest revision as of 23:07, 28 September 2013

常磁性金属と外挿誤差

このチュートリアルでは、常磁性自己無頓着法を用いて相互作用U=3D/\sqrt{2}、温度\beta =32 \sqrt{2}/Dの条件でBethe格子でのHubbard模型の計算をおこないます。自己エネルギーを求め、DMFTで説明したGeorges it et al.のFig.15と比較し、Hirsch-Fyeと厳密解との関係を調査します。Hirsch-Fyeアルゴリズムの2つの連続時間モンテカルロアルゴリズムCT-HYBとCT-INTは、離散化による誤差に悩むことはないでしょう。厳密解を再現できるといえます。

パラメータファイル、Pythonスクリプトはtutorials/dmft-06-paramagnetにあります。

dmft parm_hyb

and

dmft parm_int

コマンドラインでの実行、Pythonスクリプトでの実行はtutorial6a.pytutorial6b.pyを参照してください。各DMFT反復iでの自己エネルギーはselfenergy_iで表されます。計算結果をGeorges it et al.と比較してみてください。