Difference between revisions of "ALPS 2 Tutorials:Coding/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
Line 13: Line 13:
  
 
'''ユーザプログラムのALPS化'''
 
'''ユーザプログラムのALPS化'''
C、C++、あるいはFortranで書かれたユーザプログラムを一歩づつ「ALPS化」する方法
+
 
 +
C、C++、あるいはFortranで書かれたユーザプログラムを一歩づつ「ALPS化」する方法。既存のプログラムをCmakeによってパッケージ化し、ALPSライブラリとのリンク等を設定することによって、ParametersやAleaなどのALPSの機能やALPSスケジューラが容易に使用できるようになります。
 
*  [[Tutorials:ALPS_USERCODE_ALPSize/ja | ALPS化]]
 
*  [[Tutorials:ALPS_USERCODE_ALPSize/ja | ALPS化]]
 
*  [[Tutorials:Alpsize-01_CMake/ja |  Alpsize-01: CMakeによるパッケージ化]].
 
*  [[Tutorials:Alpsize-01_CMake/ja |  Alpsize-01: CMakeによるパッケージ化]].

Revision as of 11:48, 1 May 2013


ALPSコード開発のチュートリアル

ユーザプログラムのALPS化

C、C++、あるいはFortranで書かれたユーザプログラムを一歩づつ「ALPS化」する方法。既存のプログラムをCmakeによってパッケージ化し、ALPSライブラリとのリンク等を設定することによって、ParametersやAleaなどのALPSの機能やALPSスケジューラが容易に使用できるようになります。