ALPS 2 Tutorials:DMFT-01 Intro/ja

From ALPS
Revision as of 06:11, 15 March 2012 by Kota (talk | contribs) (Created page with "{{Languages|ALPS_2_Tutorials:DMFT-01_Intro}} = Introduction - The ALPS DMFT tutorials = <!--This is a set of six introductory tutorials for the ALPS DMFT code. They should illus…")

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

Introduction - The ALPS DMFT tutorials

6回にわたりDFMTコードのチュートリアルをおこないます。動的平均場理論、特に、新しい連続時間不純物解法について説明します。

動的平均場理論DMFTは、量子多体問題にたいして、局所的な箇所は正確に、空間相関は無視した近似解を提供します。近似が正確になる無限配置数極限で議論したように、現在では、LDA+DFMT法と呼ばれる手法でLDAとともに、LDA相関物質のシミュレーションに用いられています。この極限では、格子問題は不純物問題、時間依存の有効性、ならびに自己無どう着条件にあります。introductory articlelecture notesreviewsを参照してください。

2つの不純物ソルバーのアルゴリムについて説明します。ハイブリッド拡張コードハイブリッド拡張コードと相互作用拡張アルゴリムです。離散時間Hirsch Fyeコードは、使われなくなり、もっぱら、教育的なサンプルコードになっています。

チュートリアル02では、ハイブリッド拡張不純物ソルバーを用いた無限次元の温度の関数としてAFM絶縁体転移を、チュートリアル03では相互作用拡張ソルバーを用いた同様の演習を、チュートリアル04,05ではMott転移と軌道選択性Mott転移について、そしてチュートリアル06では常磁性金属について説明します。