Difference between revisions of "ALPS 2 Tutorials:Monte Carlo Point/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
(各チュートリアルのまとめ)
(各チュートリアルのまとめ)
Line 72: Line 72:
  
 
{| border="1" cellpadding="5" cellspacing="0"
 
{| border="1" cellpadding="5" cellspacing="0"
|+ テストList of models defined in the default model libary file:
+
|+ 古典モンテカルロシミュレーションと自己相関:MC-01
 
|-
 
|-
 
! model name || File || Command || Anal_Command || Python File || Vistrails File || Work Flow   
 
! model name || File || Command || Anal_Command || Python File || Vistrails File || Work Flow   
 
|-
 
|-
 
|| ローカルアップデート || parm1a || spinmc || spinmc_evaluate || tutorial1a.py || mc-010autocorrelations.vt || local updates   
 
|| ローカルアップデート || parm1a || spinmc || spinmc_evaluate || tutorial1a.py || mc-010autocorrelations.vt || local updates   
 +
|-
 +
|| クラスターアップデート || parm1b || spinmc || spinmc_evaluate || tutorial1a.py || mc-010autocorrelations.vt || cluster updates 
 
|-
 
|-

Revision as of 16:09, 28 March 2012


この節では、チュートリアルM01-M08で説明したALPSの基本的な使用方法の要点をまとめます。

コマンドラインでの実行

モンテカルロシミュレーションに用いる主なALPSの計算パラメータを以下にまとめます。

MODEL

計算に用いる格子モデルを指定します。

  • Ising
  • Heisenberg
  • Spin
  • boson Hubbard

モデルの指定では、スピンモデルとして、S=1/2、S=1、h=0.5や、bosonモデルとしてt=1.5、mu=0.5といった指定が可能です。

UPDATE

更新の種類を指定します。

  • local
  • cluster

LATTICE

次元、範囲、単位セルが指定された格子名を指定します。

  • "square lattice"
  • "chain lattice"
  • "ladder"
  • "coupled ladders"

ALGORITHM

アルゴリズムの選択をします。

  • loop

looperコードはアルゴリズムを選択するALGORITHMパラメータの設定が必要です。

QMCコードでStochastic Series Expansion (SSE)を使用する場合は、次のように設定してください。

REPRESENTATION="SSE";

SWEEP

モンテカルロステップ数 (熱力学的平衡後)

THERMALIZATION

熱力学的平衡計算のモンテカルロステップ数


物理量の計算の指定

デフォルト設定で計算される物理量に加え、ユーザーが任意に加えることができます。以下のように指定します。 "Correlations"と"Structure Factor"を解析値を計算し、出力します。

MEASURE[Correlations]=true;
MEASURE[Structure Factor]=true;

Pythonを用いた実行

Pythonを利用したALPSの実行方法は、基本的に次のようにシミュレーションの手順を記述したpythonスクリプトをalpspythonで実行します。

$ alpspython alps_sample.py

チュートリアルでは、様々なMCシミュレーションのpythonスクリプトを用意しています。コマンドラインでの実行方法と比較しながら理解を深めてください。

Vistrailsを用いた実行

ALPSはVistrailsを利用した実行方法にも対応しています。Vistrailsに対応できるようにビルドされたALPSパッケージでは、次のコマンドでVistrailsを呼び出します。

$ vispython

pythonと同様に、Vistrails用の様々なチュートリアルが用意してあります。各チュートリアルを参照してください。

(pythonスクリプトにも言えることですが、実際のスクリプトを見た方が理解しやすいと思います。)

各チュートリアルのまとめ

ここでは、MC-01~08の各チュートリアルに関する情報をまとめてあります。各チュートリアルの索引として参考としてください。


古典モンテカルロシミュレーションと自己相関:MC-01
model name File Command Anal_Command Python File Vistrails File Work Flow
ローカルアップデート parm1a spinmc spinmc_evaluate tutorial1a.py mc-010autocorrelations.vt local updates
クラスターアップデート parm1b spinmc spinmc_evaluate tutorial1a.py mc-010autocorrelations.vt cluster updates