Difference between revisions of "Main Page/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
m (Update to follow recent English version)
Line 3: Line 3:
 
__NOTOC__  
 
__NOTOC__  
 
__NOEDITSECTION__
 
__NOEDITSECTION__
 
<!--<h4>
 
<p align="right"> [[Main_Page | English]] / Deutsch / 日本語 / [[主頁 | 繁體中文]] / [[主頁(简体) | 简体中文]]  </p>
 
</h4>-->
 
 
  
 
<center><font size="16">ALPSプロジェクトへようこそ</font></center>
 
<center><font size="16">ALPSプロジェクトへようこそ</font></center>
Line 14: Line 9:
 
'''ALPS プロジェクト''' ('''A'''lgorithms and '''L'''ibraries for '''P'''hysics '''S'''imulations) は、強相関量子系のための高性能なシミュレーションコードの提供、およびコード開発のためのC++ライブラリの提供を目的とするオープンソースプロジェクトです。ALPSプロジェクトは物理コミュニティにおけるソフトウェアの再利用の促進をめざします。
 
'''ALPS プロジェクト''' ('''A'''lgorithms and '''L'''ibraries for '''P'''hysics '''S'''imulations) は、強相関量子系のための高性能なシミュレーションコードの提供、およびコード開発のためのC++ライブラリの提供を目的とするオープンソースプロジェクトです。ALPSプロジェクトは物理コミュニティにおけるソフトウェアの再利用の促進をめざします。
  
<!--<h1>Announcement:</h1> ALPS school on numerical methods to be held in Bariloche, Argentina, Dec. 2-5 2011 and related conferences:
+
<h1>お知らせ:</h1> ALPS 2.1 が公開されました。
ANDES/ALPS School on Numerical Methods for Many-Body Theories Dec. 2-5,  2011, Bariloche, Argentina http://fisica.cab.cnea.gov.ar/mbt16/index.php/ANDES/ALPS_School_on_Numerical_Methods_for_Many-Body_Theories
 
and http://fisica.cab.cnea.gov.ar/mbt16/-->
 
 
 
<h1>お知らせ</h1>
 
2011年12月2日-5日 多体理論の数値解法に関するANDES/ALPS講習会 (サン・カルロス・デ・バリローチェ, アルゼンチン)
 
 
 
http://fisica.cab.cnea.gov.ar/mbt16/index.php/ANDES/ALPS_School_on_Numerical_Methods_for_Many-Body_Theories
 
 
 
http://fisica.cab.cnea.gov.ar/mbt16/
 
  
  
Line 84: Line 70:
 
* チュートリアルの充実
 
* チュートリアルの充実
  
さらに、ALPS 2.1 ではより多くの新機能と新アプリケーション、ペタフロップス級のスーパーコンピュータでのスケーラビリティの向上などが計画されています。
+
さらに、ALPS 3 ではより多くの新機能と新アプリケーション、ペタフロップス級のスーパーコンピュータでのスケーラビリティの向上などが計画されています。
  
 
以前のバージョンの情報に関しては、[[ALPS_1.3]]をご覧ください。
 
以前のバージョンの情報に関しては、[[ALPS_1.3]]をご覧ください。
  
Wikiページの作成・編集にはアカウントが必要です。
+
Wikiページの作成・編集にはアカウントが必要です。[[Help:Contents|アカウント]]のページから取得してください。
[[Help:Contents|アカウント]]のページから取得してください。
 
  
 
(c) 2005-2012 ALPSプロジェクト
 
(c) 2005-2012 ALPSプロジェクト
 
 
<!--http://alps.comp-phys.org/mediawiki/index.php/メインページ-->
 

Revision as of 16:13, 30 June 2012



ALPSプロジェクトへようこそ


ALPS プロジェクト (Algorithms and Libraries for Physics Simulations) は、強相関量子系のための高性能なシミュレーションコードの提供、およびコード開発のためのC++ライブラリの提供を目的とするオープンソースプロジェクトです。ALPSプロジェクトは物理コミュニティにおけるソフトウェアの再利用の促進をめざします。

お知らせ:

ALPS 2.1 が公開されました。


コミュニティ

ALPSプロジェクトに関する 最新のニュース開発者 に関する情報。随時更新されます。

ユーザフォーラム

ALPSライブラリ、アプリケーションに関する開発者コミュニティーとのディスカッションの場です。困った場合にはこちらへ。

論文

ALPSプロジェクトに関する論文、第一回ユーザワークショップにおける発表資料、ALPSプロジェクトを引用する論文の一覧。


ダウンロード・インストール

ワークステーションやPCクラスタへのALPSライブラリとアプリケーションのインストール方法

Tutorials

ALPSアプリケーションの実行方法 ALPS applications

ALPSアプリケーションについてのチュートリアル

ALPSライブラリのユーザアプリケーションからの使用方法についてのチュートリアル

ドキュメント

参考となるドキュメント


多言語間リンク

ALPS 2.0 の新機能:

  • CMakeビルドシステムの導入。Windows, Cray XT5 などに新たに対応
  • バイナリインストーラを提供
  • HDF5バイナリファイル形式を採用
  • Pythonベースの解析/描画ツールを追加
  • VisTrails ワークフロー/履歴管理システムとの統合
  • 新アプリケーション: DMFT, TEBD
  • 多くのアプリケーションの更新
  • チュートリアルの充実

さらに、ALPS 3 ではより多くの新機能と新アプリケーション、ペタフロップス級のスーパーコンピュータでのスケーラビリティの向上などが計画されています。

以前のバージョンの情報に関しては、ALPS_1.3をご覧ください。

Wikiページの作成・編集にはアカウントが必要です。アカウントのページから取得してください。

(c) 2005-2012 ALPSプロジェクト