Difference between revisions of "Tutorials:Code-03 Vistrails Python Source/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
m (Text replace - "/tutorials2.0.0/" to "/tutorials2.1.0/")
m (Text replace - "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0" to "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0")
 
Line 2: Line 2:
  
  
VistrailsのPythonSourceモジュールを使うことで、Pythonのシミュレーション実行方法を組み込むことができます。特に、Vistrailsで作成したモジュールを生成する前に、PythonSourceモジュールをテスト目的で使用することは非常に便利です。イジングシミュレーションの例[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0/code-03-vistrails-python-source/pythonsourcetutorial.vt pythonsourcetutorial.vt]を参照してください。
+
VistrailsのPythonSourceモジュールを使うことで、Pythonのシミュレーション実行方法を組み込むことができます。特に、Vistrailsで作成したモジュールを生成する前に、PythonSourceモジュールをテスト目的で使用することは非常に便利です。イジングシミュレーションの例[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0/code-03-vistrails-python-source/pythonsourcetutorial.vt pythonsourcetutorial.vt]を参照してください。

Latest revision as of 22:10, 28 September 2013


VistrailsのPythonSourceモジュールを使うことで、Pythonのシミュレーション実行方法を組み込むことができます。特に、Vistrailsで作成したモジュールを生成する前に、PythonSourceモジュールをテスト目的で使用することは非常に便利です。イジングシミュレーションの例pythonsourcetutorial.vtを参照してください。