Difference between revisions of "Tutorials:Code-05 Vistrails Package/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
(Created page with "{{Languages|Tutorials:Code-05_Vistrails_Package}} <!--In this tutorial you will learn how to create your own package by making use of an existing ALPS-Vistrails module. We proce…")
 
Line 1: Line 1:
 
{{Languages|Tutorials:Code-05_Vistrails_Package}}
 
{{Languages|Tutorials:Code-05_Vistrails_Package}}
  
<!--In this tutorial you will learn how to create your own package by making use of an existing ALPS-Vistrails module. We proceed in a similar way as in the previous tutorial and create a directory "alpsising" in the vistrails userpackages directory, with the contents of the directory [http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/alpsising alpsising].-->
 
 
このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリに[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/alpsising alpsising]を作成してください。
 
このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリに[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/alpsising alpsising]を作成してください。
  
  
<!--As in the previous tutorial you can now load the package "alpsising" by enabling it in the preferences for the module packages. You will find your IsingAlpsSimulation module ready for use. Check out the Vistrails file [http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/vistrailspackage.vt vistrailspackage.vt] which will use this newly created package.-->
 
 
前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/vistrailspackage.vt vistrailspackage.vt]のチェックをしてみてください。
 
前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-05-vistrails-package/vistrailspackage.vt vistrailspackage.vt]のチェックをしてみてください。

Revision as of 07:48, 16 March 2012

このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリにalpsisingを作成してください。


前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、vistrailspackage.vtのチェックをしてみてください。