Difference between revisions of "Tutorials:Code-05 Vistrails Package/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
m (Text replace - "/tutorials2.0.0/" to "/tutorials2.1.0/")
m (Text replace - "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0" to "http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0")
 
Line 1: Line 1:
 
{{Languages|Tutorials:Code-05_Vistrails_Package}}
 
{{Languages|Tutorials:Code-05_Vistrails_Package}}
  
このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリに[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0/code-05-vistrails-package/alpsising alpsising]を作成してください。
+
このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリに[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0/code-05-vistrails-package/alpsising alpsising]を作成してください。
  
  
前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.1.0/code-05-vistrails-package/vistrailspackage.vt vistrailspackage.vt]のチェックをしてみてください。
+
前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、[http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.2.0/code-05-vistrails-package/vistrailspackage.vt vistrailspackage.vt]のチェックをしてみてください。

Latest revision as of 22:11, 28 September 2013

このチュートリアルでは、既存のALPS-Vistrailsモジュールを使用することによって独自のパッケージを作成する方法について説明します。前回のチュートリアルと同様に考えると、vistrailsディレクトリにalpsisingを作成してください。


前回のチュートリアルのように、モジュールパッケージの環境変数の設定によって、パッケージ"alpsising"をロードすることができます。IsingAlpsSimulationモジュールの準備ができたら、vistrailspackage.vtのチェックをしてみてください。