Difference between revisions of "Tutorials:Using ALPS in your projects/ja"

From ALPS
Jump to: navigation, search
(CMakeの利用)
(makeの利用)
Line 20: Line 20:
  
 
= makeの利用 =
 
= makeの利用 =
<!--
 
If you can, please use cmake instead of make.
 
The ALPS libraries come with a an include file for your Makefile that sets all the required include paths, link paths, and libraries to be linked to use ALPS. This include file is located at /opt/alps/share/alps/include.mk - or a similar location if you have installed ALPS at a different path than /opt/alps. An example Makefile using this include file is provided [http://alps.comp-phys.org/static/tutorials2.0.0/code-02-c++ here]  in the C++ Ising model tutorial.-->
 
  
 
できる限り、makeの代わりにcmakeを利用してください。ALPSライブラリはすべての必要なパス、リンクの設定情報を含んだMakefileを同封しています。
 
できる限り、makeの代わりにcmakeを利用してください。ALPSライブラリはすべての必要なパス、リンクの設定情報を含んだMakefileを同封しています。

Revision as of 06:33, 16 March 2012

CMakeの利用

ALPSライブラリはCMake用の環境設定ファイル/opt/alps/share/alps/ALPSConfig.cmakeを用意しています。ALPSビルドの際に様々な変数をここで設定します。また、/opt/alps/share/alps/UseALPS.cmakeはコンパイラの指定やリンカーのオプションなどの設定を自動的におこないます。次にCMakelists.txtの例を示します。

 cmake_minimum_required(VERSION 2.8)
 find_package(ALPS REQUIRED NO_SYSTEM_ENVIRONMENT_PATH)
 include(${ALPS_USE_FILE})
 add_executable(hello hello.C)
 target_link_libraries(hello ${ALPS_LIBRARIES})

find_packageのNO_SYSTEM_ENVIRONMENT_PATHオプションに注意してください。コンパイラ等の環境変数はデフォルトの設定に上書きされます。

cmakeを実行に際して、ALPSへのパスを指定してください。

 cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/opt/alps /somewhere/to/your/source/code


makeの利用

できる限り、makeの代わりにcmakeを利用してください。ALPSライブラリはすべての必要なパス、リンクの設定情報を含んだMakefileを同封しています。